痩身エステといえばコレ!

痩身エステの「EMS」について教えて!痩身効果やメリットまとめ

更新日:

痩身エステのEMSについて
運動をしていないのに、運動と同等の効果が得られる施術「EMS」。自分で負荷をかけずに筋肉を鍛えることができる効果を活かすため、最近ではエステでも取り入れられている施術方法です。

EMSにはどのような魅力があるのか、特徴を紹介していきます。

EMSって何?

EMS 痩身効果
EMSの正確な英語表記は「Electrical Muscle Stimulation」

電気で筋肉に刺激を与えるという意味ですが、その刺激によって筋肉に収縮運動をさせ、筋肉を鍛える効果が期待できます。

痩身エステサロンで効果的な施術方法として採用されているほか、近年では小型に改良されたEMSが一般家庭にも普及しています。二の腕や腹部にベルトを巻いてシェイプアップ効果を実現している人も多いことでしょう。

EMSが発する超音波は低いものから高いものまであり、切り替えることで様々な筋肉にアプローチすることができます。

1,000Hzまでの低周波であれば、比較的皮膚に近いところにある筋肉、約10㎝の深さまで対応が可能。50,000Hzまでの高周波は、深いところにある筋肉までアプローチすることができます。

そのメカニズムの魅力は、脳からの指令ではなく筋肉に直接収縮運動の指令を出すことができる事。

そのため何も意識せず、動かずとも筋力トレーニングをすることができるほか、自分では意識しづらい部分の筋肉や、意識しても動かすことができない不随意筋を効率よく運動させることができます。

筋肉がつくことで、周辺の代謝アップも期待することができるのです。

EMSに副作用はないの?

EMSによる副作用・危険性には、低温火傷が報告されています。ただし、これは自分でEMSを使用した場合に起こり得る危険です。より高い効果を得るために、出力数値を上げてしまうためだそうです。

また、劣化したパッドを使った場合の火傷や炎症の恐れ。装着する場所を間違えると、電気の刺激によって痛みが伴うことがあるようです。

痩身サロンで受けることができるEMSでは、プロのエステティシャンが出力調節や時間配分の調整をしてくれるので、火傷の心配も痛みが生じる心配も無いでしょう。

EMSを受けることによる身体への害がないかという点ですが、プロのアスリート用プログラムやリハビリ療法、美容施術と幅広く使用されているように、心配するような害はありません。

他の施術とは何が違うの?

筋力トレーニングとしてプロのアスリート、リハビリとして医療機器にも取り入れられているEMS。それがなぜ美容にも使われるようになったのでしょうか。

それには以下のような理由があげられます。

EMSによる痩身効果

・負荷をかけずに鍛えられる
・鍛えて痩せたような体つきが実現
・インナーマッスルが鍛えられる
・血流やリンパの流れが良くなる
・代謝が上がる
・部分痩せが実現
・ヒップアップが可能

このように様々なメリットがありますが、気になるデメリット点も紹介しておきましょう。

EMSによるデメリット

・多少痛みが伴う
・EMSだけでは痩せられない
・筋肉痛を起こす場合がある

EMSでチェックしておきたいメリット点は7つ、デメリット点は3つです。それぞれについて詳しくみていきましょう。

EMSのメリットについて詳しく知りたい!

負荷をかけずに鍛えられる

筋肉を鍛えるためには、それなりの負荷をかける必要があります。

体型を劇的に変えるとなると、やはりジムに通ってトレーナーに指導してもらったり、マシンを使ったエクササイズが必要。自宅で腹筋やスクワット、腕立て伏せといった基本的なトレーニングを行う人もいると思います。

気軽にできるといっても、スペースを確保する必要がありますし、鍛え始めはわずかな回数しかこなせません。筋肉をつけて引き締めるまでには、非常に長い道のりとなることが見えていますよね。

その点、EMSは負荷が必要ありません。筋トレ・運動が苦手な方でも、始めたその日から筋肉を鍛えられるという魅力があるのです。

鍛えて痩せたような体つきが実現

美しい女性らしい体型と言えば、筋肉が程よくついた引き締まったカラダ。脂肪ばかり減らすことに注力するあまり、脂肪も筋肉もない身体となっては痩せていても美しい体型とは言えませんよね。

引き締まった体型を目指す女子にとってEMSはピッタリ。筋肉を収縮させて鍛えることができるため、まるで筋力トレーニングをしたかのような効果が期待できます。

鍛えられた締まりのある身体が手に入るだけでなく、筋肉量が増えたことで施術後も体型をキープしやすくなる魅力もあります。

インナーマッスルが鍛えられる

インナーマッスルは身体を支える大切な筋肉ですが、意識していてもなかなか鍛えられません。様々な体幹トレーニングが考案されていますが、時間を割いて集中して鍛えられる人は少ないでしょう。

EMSなら鍛えづらいインナーマッスルを鍛えるのも簡単。痩身効果が得られやすい骨盤周りの筋肉にアプローチできれば、ダイエット効果も高くなることでしょう。

血流やリンパの流れが良くなる

EMSによって筋肉の収縮運動が促されると、肌が柔らかくなり、血流やリンパの流れも良くなります。

骨盤周りの筋肉を鍛えるのは、この血流・リンパの流れを良くする効果も期待できるため。新陳代謝が促され、溜まっている老廃物の排出も促進されます。

代謝が上がる

EMSでは筋肉を鍛えることができるので、効率よく筋肉量を増やすことができます。体内の筋肉が増えると、何気ない日常生活でもたくさんのカロリーを消費することができるようになります。

カロリー消費=基礎代謝が上がることで、脂肪燃焼効果も向上。より高いシェイプアップ効果が期待できるようになります。

部分痩せが実現

腹筋は鍛えたいけど太ももには筋肉をつけたくないなど、部位を限定して鍛えたい女性が多いと思います。

EMSは鍛えたい場所の筋肉にピンポイントアプローチできるため、鍛えたい・細くしたい部位を選んで筋力アップ&痩せ効果を期待することができます。

ヒップアップ効果あり

EMSは皮膚、脂肪の奥にある筋肉を効果的に鍛えることができるため、垂れた脂肪を持ち上げられる部位に使用すれば、たるみを引き上げることができます。

このような効果を利用して、フェイシャルエステではリフトアップ効果のためにEMSを使うことがあります。ボディに関しても同等の効果がヒップでも得ることができるでしょう。

EMSのデメリットについても知っておこう

多少痛みがある

EMSは筋肉を動かすため、収縮運動を行うたび痛みを生じることがあります。エステサロンで施術を受ける場合は、痛みを我慢せず、和らぐまで出力を抑えてもらいましょう。

EMSだけでは痩せられない

EMSには筋肉の収縮運動を促し鍛える効果が期待できますが、脂肪にアプローチできるわけではありません。

そのため頑固に凝り固まった脂肪がある場合は、EMSにキャビテーションやラジオ波でのアプローチもプラスする必要があります。

筋肉痛を起こすことがある

筋肉を電気の刺激によって動かしているため、脳が筋肉の限界を察知して運動をとめることはありません。

そのため長時間負荷をかけ続けることにより、筋肉痛、ひどい場合は筋肉を損傷してしまう場合があります。

ただし、エステなどEMSを専門に扱っている場所での施術であれば、エステティシャンが調節を行ってくれます。筋肉痛を過度に心配する必要はないでしょう。

EMSで効率よく筋力アップ!脂肪燃焼効率を上げて美しい体型を目指そう!

EMS効果まとめ
負荷をかけずにピンポイントで筋肉を鍛えられるEMS。わずかな時間で素早く引き締められる、とっておきの施術方法です。

筋力をつけて痩身効果を狙う女性はEMS導入エステをチェック!筋肉が程よくついたカッコイイ美ボディを手に入れましょう。

痩せるエステの口コミや効果TOP

-痩身エステといえばコレ!